オフィスデザイン・オフィスレイアウト・オフィス移転ならハタラクバデザイン

BLOG

オフィスデザインブログ

【意外と知らない】パーティションの種類や特徴、自社に合った選び方とは?

パーティションの種類【高さ編】

ハイパーティション【1800mm以上】

固定されているタイプと、床と天井にレールを設置して移動させることができるタイプがあります。

独立したスペースを確保することができ、セキュリティロックを設置することも可能なため、会議室や執務スペースなど来客や重要なミーティング等を行う場所を設置したい場合におすすめです。

1800mm以上の高さがあり、工事が必要ですが防音性・セキュリティ性が高いのが特徴です。
またデザイン性が高いものも多く、エントランスに設置することでブランディングにも繋がります。

ローパーティション【2100mm前後】

個人用の集中ブースや打合せスペース等を設置したい場合には2100mm前後の高さのパーティションがおすすめです。
工事の必要がなく、コンパクトなのでレイアウト変更や打ち合わせスペースなど、簡易的な空間作りが簡単に行えます。

机上パーティション(衝立)【1000~1200mm前後】

デスク上に設置する場合は1000~1200mm前後の高さが適しています。
座った時の目線と同じ高さなので個人の作業に集中することもできますが、周りの人とコミュニケーションがとれる高さです。
また、アクリルなど無色透明の素材で作られているものもあり、圧迫感がなく明るく開放的な空間を維持できます。

パーティションの種類【素材編】

スチール製

遮音性・不燃性にも優れており、バリエーションが豊富でデザイン性にも優れています。
機能性とデザイン性、両方重視したい場合におすすめです。
デメリットとしては、重いため搬入や工事の費用が高くなってしまう点です。

詳しくはこちら:~ローコスト・即納タイプのスチール間仕切。個性豊かな空間創りをスピーディーに実現。~セーフウォールS/okamura

アルミ製

スチール製よりも安価で施工に架かる期間も短いのが特徴です。
ただ、遮音性や断熱性・デザイン性は高くないので注意が必要です。

詳しくはこちら:~デザイン、強度、コストのそれぞれに特徴をもったシリーズ~プランナーウォール AP/KOKUYO

ガラス製

光を遮らないため、圧迫感が少なく、開放的な雰囲気を保ったまま部屋を仕切る事が出来ます。
ガラス製のパーティションは一気にオシャレな空間づくりができるため、デザイン性重視の方におすすめです。

詳しくはこちら:【オカムラ】デザイン性と機能性を兼ね備えたパーティションシステム「プリシード」

パーティションで快適なオフィスを!

パーティション(間仕切り)は、社員の仕事の効率を高め、居心地の良いオフィス空間を作り出します。

「パーティション」と一口に言っても、様々な種類と特徴・特性があり、「どんな使い方をしたいか」によって、適したパーティションは異なります。

それぞれのパーティションの特徴を理解して、間仕切る空間の目的やレイアウト変更の頻度、デザイン性、コスト、性能のバランスを考えて適切なものを選びましょう。

HATARAKUBA DESIGN

この記事の監修者

ハタラクバデザイン 編集部

ハタラクバデザインはオフィスデザインやオフィスレイアウトに関するノウハウを提供しています。

SOLUTION

ソリューション

オフィスの開設から、改装、移転までオフィスに関わる全てをワンストップで対応します。もちろん、個々のソリューションのみの対応もいたしますので、お気軽にお声がけください。

詳細を見る
FLOW

サービスの流れ

ハタラクバデザインへのご依頼手順をご説明します。まずはお打ち合わせを行い、デザインプランのご提案を行います。ご不明な点があれば、お問い合わせフォームまたはお電話で、お気軽にお問い合わせください。

詳細を見る
CONTACT

お問い合わせ・御見積り

お気軽にご相談・お問い合わせください。

メールで問い合わせる

06-6268-2770

9:00-18:00 (土・日・祝日を除く)